神饌田の脱穀精米。

境内の神饌田の脱穀精米をやる季節になりました。
11月19日(日)、午前10時頃から行いたいと思います。
例によって昔の道具を使って全て“手動“で行います。
参加したい方、やってみたい方は神社境内の納屋前(通称・陽だまりの庭)にご集合ください。
雨天の場合は翌日、20日に延期です。
f0169215_07345944.jpg

[PR]

# by guujihitorigoto | 2017-11-10 07:32

七五三の季節、プロカメラマンの撮影について。

七五三の季節本番になりました。
昨日、参拝の家族の依頼を受けて来たというカメラマンが、他の参拝者の迷惑になり撮影をしていました。
参道敷石に寝そべってみたり、脚立やレフ板を使ったり・・・。自分のスタジオか何かと勘違いしているかのようでした。注意したものの、非常に不愉快そうな顔をする始末。

プロのカメラマンが皆、そういう感覚でいる訳ではないとは思います。しかしながら、今後は社務所の許可のない職業カメラマンの境内での撮影は原則的に禁止といたします。

[PR]

# by guujihitorigoto | 2017-11-04 07:51

秋の大祭

f0169215_11145195.jpg
f0169215_11145207.jpg

今日、10月14日は宵宮です。明日の15日が大祭。
小雨が降ったり止んだりの空模様ですが、祭礼の行事は予定通りです。ただ、明日の行事の一部が変更になるかも知れません。
どうぞ皆様お運びください。

[PR]

# by guujihitorigoto | 2017-10-14 11:11

茅の輪守

f0169215_12324577.jpg

夏越しの大祓、斎行しましたので、「茅の輪守」を頒布しています。お初穂は1.000円です。
f0169215_12324618.jpg

茅の輪も今週末頃には取り外します。

[PR]

# by guujihitorigoto | 2017-07-04 12:29

日本刀の鑑賞講座

 「宮司の独り言」の更新が滞っていました。もっと気楽に神社のことを時には離れて書いてみようかと思います。その意味ではリニューアルということになるでしょうか。
内容は散文的で気分によって脈絡がなくなると思います。・・・まあ、とっ散らかった内容になると思いますが、どうかご勘弁を・・・。
さてさて、早速ながら今日の本題。趣味で私、実は日本刀の鑑定を習っておりまして、一時期神社の社務所で鑑賞勉強会を講師を招いて開いていたこともあります。最近の日本刀流行りには驚くばかりです。日本刀鑑賞には独特の作法があります。専門用語が多いのも特徴です。鑑賞に際しては見所とその見方があります。



 日本刀鑑賞に際してのノート -個人的な覚書-

 御刀を手に執って鑑賞する機会に恵まれたら・・・。

  手に執る正しい手順

 1・御刀の正面に正座し(テーブル使用の場合は立ち)、まず一礼する。必ず行なう事。

 2・中茎(なかご)-柄の部分-を右手でしっかり持ち、刀身の刃の方を起こすようにして持ち上げる。刀は鉄で出来ているとはいえ、何か塵のようなものでも当ったり擦れたりすれば割合簡単にキズがついてしまう。また、刃の方を起こすようにして持ち上げる事により、「枕」(刀を置く際に用いる小さいクッション)を切ってしまうアクシデントも防げる。

 3・鑑賞用の袱紗を左手に執り、掌に袱紗を載せて刀身を支えるようにして刀を持つ。袱紗を持つ際のコツは掌をやや上向きにして親指で袱紗の端を押さえつつ、人差し指と中指の腹で刀身を支えるようにすると良いようである。決して素手で刀身を触ってはいけない。右手はしっかりと中茎を持つのであるが、小指と薬指の握りは大切である。注意してしっかり握ると持つ手が安定する。

 4・左手は前の方にやや伸ばし、右手は右腰や右胸に近い方にあり、体はやや半身(右側をちょっと引く)になるのが良い姿勢である。背筋を伸ばす事も大切。鑑賞の姿勢が美しく“様”になっているとなかなか格好良いものである。刀を見せる所有者の方も安心するのである。決して忘れてはいけないことは、刀身を触らない事。

 5・御刀を持っている時は決してしゃべらない。ツバは意外に飛ぶものである。どうしてもしゃべる時は顔を刀身から遠くに離し、御刀は右腰の側に持ち刃は自分の方に向ける事。昔の人がよく口に紙をくわえているのは、息がかからないようにするためと、しゃべらないようにするためなのである。

  御刀を置く時はどうするか

 1・刀身の棟(むね)-刃とは反対側の背中の方-を先程の「枕」の上にそっと置き、前後に擦れないようにしつつ中茎(なかご)-柄-の手許の方を置く。

2・注意しつつ、刀身の刃の方を「枕」に寝かすようにして置く。

3・一礼する。必ず行なう事。

  鑑賞中に注意する事

 *御刀を鑑賞している間はなるべく刀身を右左に向けないようにする事。隣の人の御刀とぶつかる事故は、決して起きてはならない。

 *手許の方、指が中茎から刀身の方へ出てしまわないように注意する事。鑑賞に夢中になるとしばしば起こりがちの事である。

 *切っ先を決して人の方に向けない事。

 *そんな人はいないとは思うが、竹刀のように素振りなど間違ってもしてはいけない。

  人に御刀を手渡す時はどうするか

 1・必ず刃の側を自分の方へ向け、両手で中茎をしっかり持って相手に渡す。

 2・相手がしっかりと受け取った事を確認して、手を離す。

 *両刃の「剣」の場合は刃が左右にくるように持ち、平地が自分と相手の方を向くようにして渡す。他は上記に同じ。

 3・一礼する。

鑑賞の要点はまた、次の機会に・・・。(いつになるか判らないけど)


[PR]

# by guujihitorigoto | 2017-06-05 10:04