カテゴリ:未分類( 280 )

茅の輪守

f0169215_12324577.jpg

夏越しの大祓、斎行しましたので、「茅の輪守」を頒布しています。お初穂は1.000円です。
f0169215_12324618.jpg

茅の輪も今週末頃には取り外します。

[PR]

by guujihitorigoto | 2017-07-04 12:29 | Comments(0)

日本刀の鑑賞講座

 「宮司の独り言」の更新が滞っていました。もっと気楽に神社のことを時には離れて書いてみようかと思います。その意味ではリニューアルということになるでしょうか。
内容は散文的で気分によって脈絡がなくなると思います。・・・まあ、とっ散らかった内容になると思いますが、どうかご勘弁を・・・。
さてさて、早速ながら今日の本題。趣味で私、実は日本刀の鑑定を習っておりまして、一時期神社の社務所で鑑賞勉強会を講師を招いて開いていたこともあります。最近の日本刀流行りには驚くばかりです。日本刀鑑賞には独特の作法があります。専門用語が多いのも特徴です。鑑賞に際しては見所とその見方があります。



 日本刀鑑賞に際してのノート -個人的な覚書-

 御刀を手に執って鑑賞する機会に恵まれたら・・・。

  手に執る正しい手順

 1・御刀の正面に正座し(テーブル使用の場合は立ち)、まず一礼する。必ず行なう事。

 2・中茎(なかご)-柄の部分-を右手でしっかり持ち、刀身の刃の方を起こすようにして持ち上げる。刀は鉄で出来ているとはいえ、何か塵のようなものでも当ったり擦れたりすれば割合簡単にキズがついてしまう。また、刃の方を起こすようにして持ち上げる事により、「枕」(刀を置く際に用いる小さいクッション)を切ってしまうアクシデントも防げる。

 3・鑑賞用の袱紗を左手に執り、掌に袱紗を載せて刀身を支えるようにして刀を持つ。袱紗を持つ際のコツは掌をやや上向きにして親指で袱紗の端を押さえつつ、人差し指と中指の腹で刀身を支えるようにすると良いようである。決して素手で刀身を触ってはいけない。右手はしっかりと中茎を持つのであるが、小指と薬指の握りは大切である。注意してしっかり握ると持つ手が安定する。

 4・左手は前の方にやや伸ばし、右手は右腰や右胸に近い方にあり、体はやや半身(右側をちょっと引く)になるのが良い姿勢である。背筋を伸ばす事も大切。鑑賞の姿勢が美しく“様”になっているとなかなか格好良いものである。刀を見せる所有者の方も安心するのである。決して忘れてはいけないことは、刀身を触らない事。

 5・御刀を持っている時は決してしゃべらない。ツバは意外に飛ぶものである。どうしてもしゃべる時は顔を刀身から遠くに離し、御刀は右腰の側に持ち刃は自分の方に向ける事。昔の人がよく口に紙をくわえているのは、息がかからないようにするためと、しゃべらないようにするためなのである。

  御刀を置く時はどうするか

 1・刀身の棟(むね)-刃とは反対側の背中の方-を先程の「枕」の上にそっと置き、前後に擦れないようにしつつ中茎(なかご)-柄-の手許の方を置く。

2・注意しつつ、刀身の刃の方を「枕」に寝かすようにして置く。

3・一礼する。必ず行なう事。

  鑑賞中に注意する事

 *御刀を鑑賞している間はなるべく刀身を右左に向けないようにする事。隣の人の御刀とぶつかる事故は、決して起きてはならない。

 *手許の方、指が中茎から刀身の方へ出てしまわないように注意する事。鑑賞に夢中になるとしばしば起こりがちの事である。

 *切っ先を決して人の方に向けない事。

 *そんな人はいないとは思うが、竹刀のように素振りなど間違ってもしてはいけない。

  人に御刀を手渡す時はどうするか

 1・必ず刃の側を自分の方へ向け、両手で中茎をしっかり持って相手に渡す。

 2・相手がしっかりと受け取った事を確認して、手を離す。

 *両刃の「剣」の場合は刃が左右にくるように持ち、平地が自分と相手の方を向くようにして渡す。他は上記に同じ。

 3・一礼する。

鑑賞の要点はまた、次の機会に・・・。(いつになるか判らないけど)


[PR]

by guujihitorigoto | 2017-06-05 10:04

松飾りのお祓いの仕方

今年も松の内が明けます。
正月の松飾りや門松のお焚き上げは、私どもの神社では行なっておりません。
いわゆる“どんど焼き”を行なっていないからです。

・・・では、どうしたら良いのか。
略式ならば、お祓いは神社でなくても実は出来るものです。
松飾りや縁起物は、まず出来るだけほぐしてばらばらにします。それを適宜の紙袋に入れて、塩と清酒を振り混ぜます。形をほぐす事と塩と清酒をまぶす事でお祓いとする訳です。
そうした上で可燃物として集配指定日に出してください。

注連縄についても、すでに当神社でのお焚き上げは終了していますので同じ要領でお祓いを行なってください。
去年の御守・お札(神社のものに限ります)は社務所受付でお預かりしております。


[PR]

by guujihitorigoto | 2017-01-05 14:24 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
お元日、年が明けると同時に歳旦祭をご奉仕申し上げました。
日々の祭事神事はもちろんのこと、今年もさまざまに行事を行なってまいります。四季折々の行事を境内で楽しめるような神社でありたいと思っております。
また昨年来、基本計画を温めてまいりました「(仮称)氷川神社儀式殿」の新築計画が本格化いたします。趣意書をしたためているところです。協賛募金の活動も準備が整い次第始めさせて頂きます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
f0169215_09392080.jpg
f0169215_09393968.jpg
f0169215_09395297.jpg

[PR]

by guujihitorigoto | 2017-01-03 09:25 | Comments(0)

新年秒読み。

平成27年も、あと30分となりました。
どなた様も良いお年をお迎えください。

[PR]

by guujihitorigoto | 2016-12-31 23:24 | Comments(0)

正月準備、順調。

お天気も良さそうなので、良いお正月が迎えられそうです。
どなた様も良いお年をお迎えください。
f0169215_14001082.jpg
f0169215_14002661.jpg
f0169215_14003865.jpg

[PR]

by guujihitorigoto | 2016-12-30 13:54 | Comments(0)

釜〆に大掃除

平成28年も大詰め。
正月の準備も佳境です。
f0169215_11405017.jpg

[PR]

by guujihitorigoto | 2016-12-29 11:39 | Comments(0)

釜〆に大掃除

平成28年も大詰め。
正月の準備も佳境です。
f0169215_11405017.jpg

[PR]

by guujihitorigoto | 2016-12-29 11:39 | Comments(0)

夏越しの大祓、当日。

今日、夏越しの大祓。午後4時から。
午後4時半頃から茅の輪くぐり神事。
時刻までに"形代"に名前と生年月日を記して、お祓い料を添えて受付までお納めください。
f0169215_11414818.jpg

神職と一緒に茅の輪くぐりをなさった方には、茅の輪守を差し上げております。
[PR]

by guujihitorigoto | 2016-07-01 11:33 | Comments(0)

茅の輪、完成!

f0169215_10594458.jpg
f0169215_10594465.jpg

茅の輪、設置しました。
夏越しの大祓は7月1日、午後4時から。
茅の輪くぐりはもうどなたでも、いつでもできます。7月1日の時刻にお出まし頂ければ、神職と一緒にくぐれます。

[PR]

by guujihitorigoto | 2016-06-25 10:56 | Comments(0)