<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

オオスズメバチの巣、発見!!

オオスズメバチが巣を作りおった!!!

境内北側の石神井公園三宝寺池の畔にある、厳島神社の社殿向かって左の桜の木。
f0169215_12195772.jpg

木の幹の真ん中、写真に写っている上のほうのウロ。
蜂の巣特有の縞模様が見えます。
ちょっと危ないかも・・・
いや、結構危ない。
いやいや、これはかなり危険です。

f0169215_122146.jpg

煙でいぶして、殺虫剤をぶち込んで退治しました。
ハチには申し訳ないが被害が出ている以上、対処せざるを得ません。

まだ付近をハチが飛んでいるので、今週末はあまりこの木にお近づきになりませんよう・・・
厳島神社(弁天さま)お参りの際はお気を付け願います。
[PR]

by guujihitorigoto | 2011-09-30 12:25

秋の稲穂

今年も実りの秋がやってきたようです。
f0169215_843543.jpg

f0169215_844637.jpg

背景に末社の鳥居が写っている稲穂・・・
このアングルって、毎年定番になっているかも。

順調ですね。
10月下旬か11月の初旬に刈りいれをして、11月中旬頃に脱穀精米をします。

一応、11月19日(土)の午前中に脱穀精米をしようと思っています。
天気が悪かった場合は、11月20日の午後の予定。

お米をお供えする新嘗祭は、例年通り11月23日・午後2時からです。
[PR]

by guujihitorigoto | 2011-09-29 08:51

台風一過・・・。

台風15号、やっと通り過ぎました。
あれほどの台風の直撃は久しぶりでしたね。

神社の木も枝がぼとぼと落とされました。
かなりの風でした。
f0169215_1351034.jpg
f0169215_13512759.jpg

昨日の朝、掃除しながら携帯で撮影したもので、画像が粗いのはご勘弁を。

お隣の三宝寺では杉の木が折れて、城址の森の道を塞いでいました。
兼務の神社でも大きなクスの木がやられました。
かなり大きい木だったのですが、根本に腐朽菌が入っていたためか、根こそぎ横倒し・・・。
大きな二次災害や、怪我をした人がいなかったのが幸いではあります。

もう勘弁して欲しいものですな。
[PR]

by guujihitorigoto | 2011-09-23 13:55

「わたしを離さないで」

カズオ・イシグロ著 『わたしを離さないで』を読了しました。

今年の春に公開された同名映画の原作です。
映画も素晴らしかった。
一応SFに分類される物語なのですが、SFXなどは一切ありません。
同じ原作者の『日の名残り』にも一脈通じる雰囲気があるのですが、実は世界観が異様です。
作品の背景にある世界観はグロテスクといっても良いでしょう。

しかし、映像はあくまで美しい。
物語も美しい。
あらためて原作を読んでみると、映画がかなり忠実に作られたものであることが判ります。
あまり内容をここに書いてしまうと、いわゆるネタばれにもなりかねないので書けないのがもどかしい限りではあります。

巻末の解説に「細部まで抑制が利いていて、入念に構成されていて、かつ我々を仰天させてくれる、きわめて稀有な小説」とあります。
全くその通り。
静謐で抑制が利いた美しい精神性があります。
しかし小説でも映画でも描いていない背景に、一種異様なグロテスクが隠れています。
読者(観賞者)はそこに胸をかきむしられるような居心地の悪さを感じるでしょう。
それはこの物語が現実世界の隠喩に違いない・・・いやあり得べき真実に違いないと直感するからです。

 
   先生は口を閉じ、トミーとわたしは顔を見合わせました。ずいぶん久しぶりにトミーの顔を見た
   ような気がしました。

   「でも、なぜそんな証明が必要なのですか、先生。魂がないとでも、誰か思っていたのでしょうか」

   わたしはそう尋ねました。 」


 
実はこの小説は人間存在の本質を描いています。
そう言い切ってしまってもさして大きな間違いではないでしょう。

何よりも困ったことに、美しい作品なのです。
でもその美しさの後ろにある居心地の悪さはなんだろうか・・・
「私を離さないで」、”Never Let Me Go" という言葉が胸に突き刺さって抜けません。
あえて抜かずにおくべきなのかも知れないな、とも思います。


ぜひ、秋の夜長にご一読を!!
映画は、できればDVDではなく映画館でご覧になることをお勧めします。
文句なしに今年一番の評価を受ける映画になるでしょうね、そうなることを祈っています。
[PR]

by guujihitorigoto | 2011-09-17 11:14

陸前高田市、今泉天満宮の写真。

岩手県陸前高田市に鎮座の今泉天満宮の写真を頂きました。
先月1日に支援金をお渡しした、荒木真幸宮司の神社。

震災と津波に襲われる前・・・。
f0169215_1120392.jpg

f0169215_11204370.jpg


ご神木の杉の木が写っています。
津波に襲われた後は・・・
f0169215_11252078.jpg

宮司は津波襲来直後から毎日、バケツ何杯もの水をこのご神木の根に掛けつづけたそうです。
f0169215_11243569.jpg

下の写真では、瓦礫は撤去されています。
社殿はすっかり流されてしまったそうです。

宮司はすでに社殿再建の計画を立案中で、再建する社殿は基礎をコンクリートでしっかりと固め、地上3階程の高さまで上げるそうです。
写真でみる左側の山はずいぶんと高くなっているのですが、急峻な斜面でちょっと人がおいそれと上がれる状態ではありません。
ここをあがって山林部へ逃げられるように、新しい社殿では避難通路を付ける計画だそうです。

「まずはこの大杉を再生して、街の復興のシンボルとしたい。」そう荒木宮司は語っておられました。
(写真は高橋知明氏撮影)
[PR]

by guujihitorigoto | 2011-09-06 11:35

震災復興祈願祭、斎行しました。

東日本大震災復興鎮災祈願祭、斎行いたしました。
ご参列くださった皆様、また支援金募金にご協力くださった方々、本当にありがとうございました。

8月1日から31日までの窓口の募金箱にお預かりしたお金と、9月1日の募金、社頭のお賽銭(支援金に供します)を集計しますと・・・

¥141,004円


確かにお預かりいたしました。
無駄なく有効に支援活動に供させて頂きます。

ありがとうございました。
[PR]

by guujihitorigoto | 2011-09-02 12:39